company会社情報

ご挨拶

弊社は1992年に反射材料の専門メーカーとして発足し今期で第25期目を迎えることができました。

当初、反射材は道路工事の看板材料として使用される事が多かった為、一般の方には馴染みが薄く使用される事は皆無に等しい状態でしたが、 私共は反射材を広く多くの方にご活用頂けるよう、材料自体の開発に加え生活に密着した商品に反射材を織り交ぜ“自然な形”で身に着けられるように企画・開発に励んでまいりました。そして現在では、反射材『Luxion ラキシオン』が広く普及し“交通安全” “地域安全” “産業安全” などの分野で多くの方に活用されていることは大きな喜びです。

また1999年に開発以降、世界中に発信している『光拡散』のオリジナル技術は、現在『Shineon シャニオン』というブランド名で国内外のアミューズメント機器などで広く活用されるようになり、弊社は世界唯一のアミューズメント機器用光拡散シートの専門メーカーとして認知された事も大きな喜びです。2016年4月に締結されたThe Bright Groupとの業務提携により、今後より一層『Shineon シャニオン』のマーケット開発が世界的に進むと確信しております

今日、私共が専門メーカーとして業界トップクラスの商品技術を築きあげ、業容も順調に発展する事ができましたのは、ひとえに今日まで支えて頂いたお得意様をはじめ多くの方々のご支援ご協力の賜物であると考えております。

私共は、これからも反射材料・光拡散材料のパイオニアとして常に  “初心 忘るべからず”  の精神を持ち、一層の技術研究開発に励んでまいり、ニーズにあった付加価値の高い新しい製品開発や用途開発、そして新規市場開拓に積極的にチャレンジして参ります。そして少しでも多くの皆様方のお役に立ち、また業界の発展を期し、同時に反射材料や光拡散材料を通して広く社会に貢献できれば私共にとって望外の喜びです。お客様をはじめ、ご協力頂いております皆様方には、今後とも宜しくご指導ご鞭撻のほど心よりお願い申し上げます。

2016年9月1日 代表取締役社長 三好 衛

会社概要

名称 株式会社 スリーライク
所在地

本社

〒301-0839 茨城県龍ヶ崎市出し山町47番地 スリーライクビル

TEL 0297-60-7110/FAX 0297-60-7112

Google map

東京支店東京支店への詳しい地図はコチラ

〒110-0016 東京都台東区台東3丁目7番3号 スリーライクビル

TEL 03-5812-6960(代)/FAX 03-5812-6961

Google map

東海支店

〒422-8055  静岡県静岡市駿河区寿町16-29

TEL 054-269-5112(代)/ FAX 054-269-5113

Google map

大阪支店

〒599-8236  大阪府堺市中区深井沢町3282 KMKアドバンスビル6F

TEL 072-281-5333(代)/ FAX 072-2815-332

Google map

USA Office

1660 Helm Drive Suite 100 LasVegas NV 89119 USA

TEL:+1 702 483 6638

茨城物流センター

〒301-0832  茨城県龍ヶ崎市緑町173番2

自社工場

本社工場

茨城県龍ヶ崎市出し山町47番地 スリーライクビル1階

中国工場

Ningbo Advance Safety Co.,Ltd (寧波進歩安全防犯用品有限公司)

中国浙江省寧波市江北区慈城私菅工業城普済路6号

関連会社

寧波雪麗莱克(寧波スリーライク)貿易有限公司
中国浙江省寧波市北侖小港緯三路

HP

大路(寧波)制衣有限公司
中国浙江省寧波市北侖小港緯三路61号

HP
組織構成

代表取締役社長三好 衛総務部(財務経理G・人事総務G)

常務取締役三好 進

営業部・商品部

寧波平衛服飾有限公司 管理

寧波雪麗莱克貿易有限公司 管理

東京支店松尾 等

東海支店杉山 一也

大阪支店内田 和彦

広域営業部細川 晴樹

海外統括安齋 美喜子

財務経理高橋 高子

本社工場小川 二郎

中国工場沈 斌

物流センター足立 隆

設立 1992年9月8日
資本金 30,000,000円
主な事業

高輝度反射シート『ラキシオン』、光拡散シート『シャニオン』の製造及び販売

警察消防用特殊装備品・保安用資機材の製造及び販売

高視認性安全服(EN/ISO20471、EN1150適合)の製造及び販売

車両用反射器(ECE R70-01、ECE104適合)等の製造及び販売

反射安全用品(EN13356 適合)の製造及び販売

交通・防犯・消防防災用品の製造及び販売

農業園芸資材の製造及び販売

取引銀行

三井住友銀行 上野支店

常陽銀行 龍ヶ崎支店

筑波銀行 龍ヶ崎支店

水戸信用金庫 龍ヶ岡支店

所属団体

公益財団法人全国防犯協会連合会

一般社団法人日本反射材普及協会(略称 JRPA)

日本防護服研究会

一般社団法人竜ヶ崎法人会

一般社団法人日本自動車車体工業会

公益財団法人日本ユニフォームセンター

一般社団法人 日本高視認性安全服研究所 (略称 JAVISA )

グリーン購入ネットワーク(GPN)会員

社会福祉法人日本身体障害者団体連合会

主要取引先

全国関係官庁(警察・消防・自衛隊 他)

株式会社インテリムジャパン

株式会社キタムラ産業

クボタエイトサービス株式会社

株式会社仙台銘板

株式会社トーヨーセフティー

株式会社トランテックス

株式会社東邦産業

日産トレーディング株式会社

ブリヂストンサイクル株式会社

株式会社ポータ工業

丸紅株式会社

株式会社ミズノ

株式会社ミツギロン

ミドリ安全株式会社

三井物産株式会社

ヤマト株式会社

山田合成株式会社

トラスコ中山株式会社

藤原産業株式会社

他多数

※2016年08月09日現在

会社沿革

1991年 11月現社長の三好衛が、米国コネチカット州Reflexite Corporationの100%子会社リフレクサイトジャパン株式会社
              (1992年11月16日設立・現在はオラフォルジャパン株式会社に改称)の立ち上げを業とする顧問契約締結。※スリーライク創業

1992年 9月東京都渋谷区広尾3丁目17番地25に「有限会社スリーライクアンドカンパニー」設立

1993年 3月Reflexite Corporationとの顧問契約満了。

1993年 9月マイクロプリズム反射材の輸入販売を開始

1993年 12月Finn-nauha(フィンランド共和国)社製ガラスビーズ反射布製品の日本国内独占販売契約を締結。

1994年 1月反射交通安全用品の販売を開始

1994年 8月業務拡張に伴い、本社を東京都台東区元浅草2-10-11に移転

1994年 9月米国STIMSO NITE社(現AVERY DENNISON社)製反射材の正規販売店となる

1998年 1月米国リフレクティブ・テクノロジー社製 特殊反射素材イルミナイト『illumiNITE』の販売を開始。

1999年 1月業務拡張に伴い、本社を茨城県竜ヶ崎市藤ヶ丘7-26-9に移転

2001年 10月中国 寧波スリーライク社と業務提携

2001年 7月出光ユニテック製 環境対応PO型反射材「エコーレイ」の販売開始

2003年 10月「A+A国際見本市」(開催地:ドイツ デュッセルドルフ)に出展

2003年 11月「東京国際消防防災展」(開催地:東京ビックサイト)に出展

2004年 5月中国 上海市・寧波市に駐在所を開設

2004年 9月業務拡張に伴い、東京営業所を台東区東上野に開設

2005年 10月法人組織変更 株式会社スリーライクとする

2005年 10月「危機管理産業展2005」(開催地:東京ビッグサイト)に初出展

2006年 5月新社屋完成(茨城本社:竜ヶ崎市出し山町47 スリーライクビル)

2006年 9月東京営業所を台東区第二雨宮ビルに移転。東京支店として設備強化を図る

2006年 9月「さいたま防犯・交通安全フェア」(開催地:JRさいたま新副都心駅改札前コンコース)に初出展

2007年 4月「新機能性材料展2007」(開催地:東京ビッグサイト)に初出展

2007年 5月第1回「地域防災・防犯技術展」大阪(開催地:インテックス大阪)に初出展

2007年 10月「インターナショナル プレミアム・インセンティブショー秋2007」(開催地:東京ビッグサイト)に初出展

2007年 11月中国工場完成「寧波平衛服飾有限公司」設立

2007年 11月「ハイウェイテクノフェア2007」(開催地:東京ビッグサイト)に初出展

2008年 7月東京支店移転 台東区第二雨宮ビルから台東区元浅草Uビルへ

2009年 9月「サイン&ディスプレイショウ2009」(開催地:東京ビッグサイト)に初出展

2009年 10月寧波雪麗莱克(寧波スリーライク)貿易有限公司 設立

2009年 11月「グローバルゲーミングエキスポ (G2E)2009」(開催地:ラスベガス・コンベンションセンター)に初出展

2009年 11月資本金3000万円に増資

2010年 6月龍ヶ崎税務署長優良申告法人表敬状受賞

2010年 6月SIGN EXPO 2010(開催地:大阪ATCホール)に初出展

2010年 7月新社屋完成(東京支店:台東区台東3-7-3 スリーライクビル)

2011年 7月「Convertech China 2011」に初出展

2011年 10月「緑十字展2011」に初出展。高視認性安全服の新商品“High Visi”を発表

2012年 3月「JAPAN SHOP 2012」に初出展。“Shineon”シリーズを使用した化粧品什器を発表。

2012年 5月「グローバルゲーミングエキスポ アジア (G2E ASIA) 2012」に初出展。

2012年 6月「第1回 札幌国際消防防災展 2012」に初出展。

2013年 1月「第1回 東京デザイン照明展 2013」に初出展。

2013年 9月東海支店オープン

2013年 10月「東京国際消防防災展2013」に出展。

2013年 10月「国際道工具・作業品EXPO」に出展。

2013年 11月茨城物流センター 完成。

2014年 7月「新型 多段性真空自動プレス機」が完成。茨城本社改装後に設置。

2015年 9月大阪支店 開設。

2015年 10月「A+A 2015(ドイツ・デュッセルドルフ)」 出展。

2016年 1月「ライティングジャパン 2016」 出展。

2016年 2月「ICE Totally Gaming 2016(イギリス・ロンドン)」 出展。

2016年 4月The Bright Group(オーストラリア)と業務提携。

2016年 5月「G2E ASIA 2016(グローバルゲーミングエキスポ アジア)」にTBG(The Bright Group)と共同出展。

2016年 8月「AGE(Australasian Gaming Expo) 2016」に初出展 ※TBGとの共同出展。

2016年 9月「Safety Action in Sydney 2016(オーストラリア・シドニー)」に初出展 ※TBGとの共同出展。

2016年 9月「グローバルゲーミングエキスポ (G2E)2016」(開催地:ラスベガス・コンベンションセンター)に出展 ※TBGとの共同出展。

2016年 11月「サイクルモード 2016(幕張メッセ)」に初出展。

2016年 12月スウェーデン王国TrackinvenAB社製 特殊反射スプレー『ALBEDO100』の販売を開始。

2017年 1月自社ブランド「光拡散シート Shineon-シャニオン」の新シリーズ『彩和』を発表。

2017年 2月『ICE Totally Gaming 2017(開催地:イギリス・ロンドン)』出展 ※TBGとの共同出展。

2017年 5月『G2E ASIA 2017(開催地:マカオ・ヴェネチアン)』出展 ※TBGとの共同出展。

2017年 6月『超高輝度広角マイクロプリズム型反射シート Luxion ラキシオン TL-17000』が国土交通省の
               新技術情報提供システム「NETIS」に登録。(登録番号 KT-170022-A)

2017年 7月自社ブランド「光拡散シート Shineon-シャニオン」の車両ライト向けOEM供給を開始。

2017年 8月「Australasian Gaming Expo(AGE)2017」(オーストラリア・シドニー)に出展 ※TBGとの共同出展。

2017年 9月創立25周年記念式典挙行。

  

2017年 9月広域営業部 開設。

2017年 10月「グローバルゲーミングエキスポ (G2E)2017」(アメリカ・ラスベガス)に出展 ※TBGとの共同出展。

2017年 10月「A+A 2017(ドイツ・デュッセルドルフ)」出展。

CSR(企業の社会的責任)

良き企業市民として、常にお客様へ「反射材」を通じて安全で安心な交通環境を提供する事で、社会に貢献する事が私たちの理念です。
また、スリーライクはグリーン購入ネットワークの会員です。2001年にグリーン購入法(※1)が施行され国等の機関が環境負荷の低減に
資する物品・役務を調達することが義務化されました。
このような社会的な背景もあり、スリーライクでも社内の備品や副資材購入をグリーン購入ガイドラインに沿った購入をするように取り組んでいます。
販売に関しても特定調達品目(※2)適合商品「エコパトベスト(エコマーク取得品)」を販売しています。今後更にラインナップを整備してまいります。
詳しくは下記をご覧ください。


※1 グリーン購入法とは
2001年4月に循環型社会形成推進基本法のひとつとして「国等による環境物品等の調達の推進などに関する法律(グリーン購入法)」が
施行されました。この法律に基づいて、国、独立行政法人・特殊法人が、環境物品等の調達を総合的かつ計画的に推進するための
「基本方針」を定め、特に、重点的に調達を推進する環境物品等の種類である「特定調達品目」およびその判断基準を規定しています。
持続可能な社会を築くために、地球にやさしいものを買うことができる環境を整えるための法律です。

※2 特定調達品目とは
国等の各機関が重点的に調達を推進する環境物品のことで、グリーン購入法における「環境物品等の調達の推進に関する基本方針」で
定められています。国等の各機関はこの基本方針に即して方針を定め、環境物品などの調達を推進しています。

トラフィックセーフティー・セキュリティー事業

トラフィックセーフティー・
セキュリティー事業

アミューズメント&ライト・サインメディア事業

アミューズメント&
ライト・サインメディア事業

ヘルスケア事業

農業・園芸資材事業

TOPへ戻る